備えあれば憂いなし?トレイルランニングに必要な防寒対策とは

こんにちは。オルガニクスアンバサダーの金田覚です。

先日「第1回 石巻登山マラソン」に参加してきました!
「三陸・雄勝 海の幸トレイルランニング」の主催後援団体が中心となり再結成して開催さ
れた大会で、宮城県石巻市の400m級の低山を使用し、フル(45K)で累積1,800mという
比較的走り易いコース設定になっています。

しかし開催前日はかなりの降雪量で、開催の可否は当日の状況により判断するとのことで
した。地元の福島県福島市でもかなりの積雪になったため、開催はかなり厳しいと思いつ
つも、とりあえず会場へ到着。結果的に、若干のコース短縮での開催となりました。

主催者側でもかなり悩んだ末での判断であるとは思いますし、その是非について言及する
つもりもありませんが、正直この決定にはかなり驚きました。

雪山のトレイルランニングはかなり勇気がいると思います。スタート時点でもかなり降雪
があったため、いくら400m級の低山といえども、軽装で行動するトレイルランニングを
するにはかなり悩みました。
最終的に、装備をしっかり整えた上で、行けるところまで行ってみようと参加を決意。
路面の状態が悪い中でもなんとか完走することができました。

繰り返しになりますがトレイルランニングは一般的な登山と比べ、軽装での行動になりま
す。特に今回のようなコンディションの中では、どのような防寒対策をする必要があるで
しょうか?

①レインウェア上下
トレイルランニングに限らず、山で行動する人にとっては当たり前の装備品です。多くの
トレイルランニングレースでは必携品(または必要装備品)に指定されています。雨をし
のぐ機能だけではなく、ウィンドシェルの代用としても使えます。

②サバイバルブランケット
こちらもかなりメジャーな装備品です。保温性に優れているため、緊急時に巻きつけるこ
とで身体を温めることができます。

③手袋
手袋は当たり前と思われるかもしれませんが、厚手・薄手の2セットあると体温調整にか
なり有効です。

④ネックウォーマー
薄手のバフでも良いので、一枚持っておくと便利です。使わない時は手首に巻き付けるこ
とができます。

⑤予備の靴下
こちらは意外に忘れがちです。トレイルランニング用のシューズは防水になっていないも
のがほとんどです。今回のようなコンディションでは、足元が濡れることで凍傷の原因に
もなりえますので、予備の靴下は持っておいた方が良いと思います。

⑥腹巻き
腹が冷えると、胃腸トラブルの原因にもなります。しつこいようですがトレイルランニン
グは軽装ですので、腹巻き一枚でかなり変わります。

上記以外にもベースレイヤーやダウンジャケット、フリース等、可能な限り持ったほうが
良いです。
しかし防寒対策以外にも、エマージェンシーキットや補給食、ドリンク等、持っていかな
ければいけないものがたくさんあります。本当に全部持っていけるの?と思うかもしれま
せんが、6~10Lのザックであれば余裕で入ります。

当然ですが歩くことに比べ、走ると身体は暑くなりやすいです。必要だということが分か
っていても、これらの装備を持って行かない、またはどれかが欠けている人は多いのでは
ないでしょうか?

今回のような雪の状況に限らず、山では何が起こるか分かりません。万全の装備で安全に
トレイルランニングを楽しみたいですね。

(Visited 339 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【出走報告】名古屋ウィメンズマラソン

「今シーズンスタート。そして世界リレー選手権観戦し東京オリンピックを想うこと。」

関連記事

  1. FunTrails100k Round 秩父&奥武蔵/…

    先日、秩父・飯能・奥武蔵の山を舞台にしたFunTrails100k Round 秩父&奥…

  2. 残り1か月が大切!目標レースに向けたスケジュール作成(後編)

    こんにちは!オルガニックアンバサダーの大沢です☆さて、だんだん秋らしくなってきましたね♪…

  3. 陸上の冬季トレーニングについて

    オルガニックアンバサダーの中尾晴実です。今回は冬季練習のトレーニングについてレポートさせていただ…

  4. サブ4への道!真夏のロング走

    オルガニックアンバサダーの中橋舞です!今回はサブ4への道!ということで今年のフルマラソンに向…

  5. トレーニング合間のオフについて

    こんにちは、ORGANIQアンバサダー、トライアスリートの桶谷です。先日のブログでも書い…

  6. クロストレーニングの一番のメリットは故障予防

    こんにちは、桶谷です。今日はクロストレーニングについて。クロストレーニングとは、複数…

  7. トライアスロンの練習で心がける3つのポイント

    ORGANIQアンバサダーの室谷です。前回は自己紹介をさせて頂きました。http://www…

  8. 朝スイムにはORGANIQ(オルガニック)

    こんにちは!ウォータースポーツメディア「かとすい」の加藤です。 突然ですが、皆さんはスポーツ…

Facebook登録 毎日記事が届きます

最近の記事

PAGE TOP