ペーサーとして走ることを考える

こんにちは!
オルガニックアンバサダーの大沢です。

この季節になると、フルマラソンのレースの練習のための大会も
多く開かれるようになります。

そのひとつである「東京30K 冬大会」。
この30Kシリーズは、勝負レースへの調整用大会です。
フルマラソンの1か月くらい前に30kmのペース走を行うことを目的として、
全国いろいろな場所で開催されるようになりました。

東京30Kは秋大会と冬大会があり、冬大会は東大島近くの会場を
スタートして、荒川を往復する大会です。

景色の変化があまりなく、応援もスタート会場付近がメインなので、
基本的に走りに集中できるコースですが、スタート会場前を
往復するので、何度も応援してもらうことができます。

そんな大会なのですが、ランナーズマイスター資格保持者に対して
ペーサーの依頼がありました。
私は中級を取得しており、当大会のペーサー経験もあるので
久しぶりに参加してきました。

私の担当ペースは「フルマラソン5時間以内ペース」。
スピードにすると、7分12秒/kmです。

まぁ、楽勝。
(楽勝なペースじゃないとペーサーとしてつとまらないか 笑)

ペースが楽勝とはいえ、たくさんのランナーの期待を背負って
走るわけですから、その責任は重大です。

私がペーサーとして走るときに気をつけていることというか、
意識していることを紹介したいと思います。

——————————————
1.準備を念入りに
——————————————
当日は快晴でしたが、ちょっと前までは雪が降っているような気候。
大会当日だって気温が高いのか、低いのかも予想しきれないし、
河川敷のコースは風が強い可能性だってあります。

ペーサーが低体温になったり、脱水になってしまってはランナーの
足を引っ張ることになりかねません。

ペーサーの仕事は足を引っ張るのではなく、集団を引っ張ること。

天気予報の確認や、当日会場でウェアの調整ができるように
事前準備をしっかりします。

【持ち物例】
ウェア類:ウェア一式・アームカバー・リュック・シェルジャケット・薄めのダウン
補給:水分(お水やお茶等)・ジェル
その他:季節に応じて、私は下記のものも持って走るようにしています。
冬:低体温の人が出た時のため、ホッカイロ・サバイバルブランケット・
上着の予備
夏:熱中症の人が出た時のため、アイスノン・水分(小さいペットボトル
を数個)

——————————————
2.時計は2個!
——————————————
基本的には自分の時計と距離表示を見ながら走ればよいのですが、
なるべく正確に刻むのであれば、GPSウォッチは必須アイテムです。

ただし、補足状況や機械自体の調子の良し悪しでも表示ペースが
ずいぶんずれたりすることがあります。

そのため、私は左右の腕に1つずつ時計を着けて走るようにしています。

——————————————
3.ペース配分
——————————————
これはペーサーによって分かれるところですが、私はとにかく
この30Kシリーズはイーブンペースで走ることを心がけています。

レースの場合はアップダウンを考慮して速いペース・ゆっくりペース
を使い分けることは有効だと思います。

ただ、30Kシリーズは練習として走る「ペース走」としての意味を持ち、
しかも河川敷なのでコースはほとんど平坦です。

例えば最初にペースを上げて貯金を作って、後半ペースが落ちたことで
結果的に30Kの目標タイムぴったりだったとしても、本番は30Kがゴール
ではありません。

同じペースでいくと、落ちたペース以下のスピードで残り約12km走る
ことになります。

それでは当然フルマラソンの目標タイムは達成できません。

という理由から、私はイーブンペースでのタイムキープにこだわっています。

——————————————
4.気分を上げる
——————————————
何度も言いますが、この30Kシリーズはそれ自体が目標大会では
ない人がほとんどです。

つまり、目標大会に向けた自信につながることがポイントとなってきます。

私が担当するのはだいたい5時間のようなわりと初心者向けのペースなので
メンバーには「初フルマラソン完走」を目標にしている人も多くいます。

なるべく完走に近付けるよう、時々「肩に力が入っていませんか?」
「肩を上げ下げして力を抜きましょう!」といったようなアドバイスを
行ったり、バテてくる後半は距離表示版ごとに「〇キロ通過~!」と
盛り上がりながら走るようにしています。

また、折り返しコースなので、細い道で対向ランナー集団とすれ違う時には
お互いの注意喚起(道路端側に寄って走るように)と、雰囲気を盛り上げる
ために、「ナイスラン!」や「お互い頑張りましょう~!」といった
声掛けをするようにします。

30Kシリーズは沿道の応援がほとんどない分、私自身が走る応援者に
なります!

よく、「大沢さんのフルマラソンタイムだと、5時間だと物足りなくないですか?」
って聞かれますが、そうすることで、私自身も心肺が鍛えられるんです。

どこかでペーサーしているときにお会いできることを楽しみにしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉マリンマラソンレースレポート

IRONMAN70.3Taiwan参戦レポート

関連記事

  1. 残り1か月が大切!目標レースに向けたスケジュール作成(後編)

    こんにちは!オルガニックアンバサダーの大沢です☆さて、だんだん秋らしくなってきましたね♪…

  2. 沖縄100K、走ってきました。~第2回沖縄100Kウルトラマラソ…

    みなさま御機嫌いかがでしょうか.歌って走るシンガーソングランナーのluki(ルキ)です。…

  3. 京都大階段選手権出場レポート

    オルガニックアンバサダーの中尾晴実です。マスターズ陸上をこよなく愛する51歳、W50カテゴリー、…

  4. 自宅でできる簡単体幹バランストレーニング

    皆さん、こんにちは!オルガニックアンバサダーのMIKAです。いやー、2018年の冬季平昌オリ…

  5. アスリート向け!おすすめ「スポーツ映画」5選!

    こんにちは。歌って走るシンガーソングランナーのluki(ルキ)です。そんな私ですが、つい…

  6. フルマラソンに向けた3か月のトレーニング計画(前編)

    こんにちは!ORGANIQアンバサダーの大沢です。 いったん少し涼しくなったと思った…

  7. ロング+ロング+ロング=?

    こんにちは!中島英摩です。今回はわたしの今年のトレイルランニングシーズン前半について紹介したいと…

  8. JI・TE・TSU各論 〜ワタシノクフウトアドバイス〜

    前回記事で必要なものの事前準備がだいたい整ったと思いますので、今回は実践編をテーマに私の経験も含めて…

最近の記事

PAGE TOP