Apple Watchが肌身離さずどうしても手放せなくなる理由

Apple WatchをiPhoneやスマートフォンの代替え品になるもの、

と思っている人多いんじゃないでしょうか?

 

実は、全く違います。

 

Apple Watchが発売されたのは、今から3年前です。

当時はApple Watchを発売したAppleですら、どのような使われ方がベストなのかはわかっていなかったと思います。

時間を見る(当然なのですが!)、FacebookやLineの通知、天気予報を見る、時計のアラーム、腕時計で電話!などができましたが、それは全てiPhoneで事足りるものでした

わざわざApple Watchでやるべきこと何だろうか?と誰もが思っていたと思います。Apple Watchのユーザーですらそう思っていました。(私です!)

しかし、Appleはそれらに加えて、今までのiPhone、スマホにに全くなかった機能を実装していました。

ヘルスケアとしての機能です。

それはカロリー計算、心拍数測定機能などです。

実は、Apple Watchが発売される少し前の2014年にリリースされたiOS8から「Health」と呼ばれるアプリが追加されていました。

そのHealthアプリをフルに活用しているのがApple Watchなのです。

Apple Watchには、加速度センサー内臓されていて、その動きを読み取り、かなり正確にApple Watchユーザーの動きを把握することができるのです。

Apple watchには「アクティビティ」と呼ばれるアプリが標準装備されていて、それが「ムーブ」「エクササイズ」「スタンド」と動きを記録していくのです。

さて、この「アクティビティ」ですが、Apple Watchを装着している人は、漏れなく記録されていきます。

オンオフボタンなどはなく、朝起きて腕に装着して寝る直前のはずすま時まで「自動的」に記録されていくのです。

それが毎日毎日記録されていくわけです。

もう一度言いますが、「自動的」にです。

これが何を意味するかわかりますか?

毎日の運動がカロリー計算と言う名で数値化され記録されていくと、毎日記録しなければいけないって気持ちになります。たった1日の漏れもなく記録してゆきたくなります。なぜかって?

人間の性です。

そもそもApple Watch装着してようがしてなかろうがカロリー消費は同じなのですが、「記録されてない」ってことに、なぜかとても敏感になります。とにかく朝起きてからずっと装着してないと記録が漏れてしまう。もう強迫観念に近いのですが、

そうして、もうApple Watchが肌身離さず名実ともに手放せなくなるのです。

Appleって、やってることエゲツないっす。(←Apple信者の感想)

 

 

(Visited 24 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上高地〜槍ヶ岳コース。トレイルランニングで往復してきました。

1本道の杉並木街道を往復する「日光杉並木マラソン大会」に出場。8連覇達成!

関連記事

  1. ランニング中に音楽を聴くことはウォークマン時代に比べると、とんで…

    音楽を聴きならがランニングなどトレーニングをしている人は今では珍しくありませんが、それはいつ頃からな…

  2. トレーニングする人にとってのApple Watch3つの利点

    Apple Watchが手放せないってアスリートって結構いるんじゃないでしょうか?iPhon…

  3. ナチュラル・エナジー・サプリメント「ORGANIX(オルガニクス…

    私たちはフルマラソン、ウルトラマラソン、トレラン、トライアスロン、自転車ロードレ…

  4. 素人が素人にツールドフランスの面白さを全力で解説する② 〜マイヨ…

    ツール・ド・フランスと言えば、マイヨ・ジョーヌ。黄色ジャージのことです。ツール・ド・フランス…

  5. 素人が素人にツールドフランスの面白さを全力で解説する① 〜ひと言…

    今年もついに始まりましたツールドフランス2018。ツールドフランスって一度くらいは聞いたこと…

  6. 北アルプスは「山のディズニーランド」

    「北アルプス」そこは山のディズニーランドである。じゃ「富士山」は…

  7. 私が社会人3年目で突如としてランニングを始めた理由

    オルガニックブログ編集部の楢原です。私は、ずっと男の一人暮らしが長く続いていたこともあって、…

Facebook登録 毎日記事が届きます

最近の記事

PAGE TOP