高根沢ハーフマラソンレポート

2019年01月13日 高根沢ハーフマラソンに出場してきました.
この大会は栃木県で数少ない「日本陸連公認コース」になっています.
また近年、箱根駅伝出場している青山学院大学/東海大学が大会の招待校に
なっており、田んぼしかないコースにも関わらず箱根駅伝のファンやメディア等が
沿道で応援をしておりました.

この日の私の体調はまだ風邪が治っておらず走れる状態ではなかったです.
大会3日前には熱が出て寝込んでおりました・・。
体調が悪くても出場する目的が1つありました.
それは2020年の東京マラソンの準エリートの権利が県内ランナーで5名に与えられるので
とりあえず県内で5番以内でゴールし準エリート枠を獲得するのが最低の狙いです.

レース内容
スタートしてから直ぐに青山学院大学の選手が飛び出していきました.
さすがのスピードについて行く事は出来ない且つ体調が優れない中、付いていくと後半の走りに影響が出るだろうと思い、付いていきたい気持ちを抑えました.

東海大学の選手達は練習の一環だったようでペース設定が決められていたようなので
目標68分の集団についていく事にしました.

序盤は1キロ 3’15”ペースで余裕でついていく事ができましたが、10キロ過ぎ体調が悪かったのか一気にペースダウンしてしまい、集団から離れて単独走になってしまいました.
田んぼが広がる田舎道を走るので風避けの建物も存在せず、向かい風の強風に押し戻され後方の
ランナーに抜かれる始末・・・。
家族も応援しに来てくれていたのにいい所が見せられず・・・。

結果、70分37秒 総合成績 36位 近年ワーストタイムを叩き出しました.

一応、2020年の東京マラソンの準エリート推薦枠はゲットしました(県内で2位だったようです)

タイムも体調も悪かったので、次回のレースはしっかりピーキングを合わせて管理していきます.

次回は2019年東京マラソンが控えております.

2019年も準エリート枠での参加です.

この大会で2時間20分切りが出来るようにしっかりと練習を行い本番に臨みたいところです.

(Visited 282 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年冬季シーズンの抱負

靴紐を結ぶのが手間なら、結ばなくても良い靴紐に変えてみよう!SPLCは直感的な靴の脱ぎ履きを実現してくれます!

関連記事

  1. 里の山の春、そして月と朝と走

    ORGANIQファンのみなさん、こんにちは!福島県でマウンテンプレイヤーとして活動する、OR…

  2. トレーナーとしての活動

    こんにちは、トライアスリートの桶谷です。このブログでも何度かお話しさせて頂いていますが、現在…

  3. 靴紐を結ぶのが手間なら、結ばなくても良い靴紐に変えてみよう!SP…

    こんにちは。オルガニクスアンバサダーの金田覚です。ミッドソール、アウトソール、ヒールカウ…

  4. ランナーが夏の時期に注意すべきコト

    日本列島も梅雨に入り、間も無く本格的な夏に突入します。気候の変化が大きく、体調を崩しやすい時期で…

  5. モデルが教える、こっそり美容!<TV CM撮影出演までの美容>

    皆様、こんにちは。モデル、ハープ奏者の川崎優季と申します。先日化粧品会社のテレビCMのモデル…

  6. 残り1か月が大切!目標レースに向けたスケジュール作成(後編)

    こんにちは!オルガニックアンバサダーの大沢です☆さて、だんだん秋らしくなってきましたね♪…

  7. 冬季期間の階段トレーニングについて

    オルガニックアンバサダーの中尾晴実です。今回は冬季練習その2として階段トレーニングのレポート…

  8. JI・TE・TSU各論 〜ヒツヨウナアイテム〜

    前回記事の総論に引き続き、ジテツに必要なものを考えていきます、オルバサダーの諏訪です。【絶対…

Facebook登録 毎日記事が届きます

最近の記事

PAGE TOP